ペット

百害あって一利無しの思考サイクルとは?

今日は気づきをおすそ分けしたいと思った伊藤元二です(^^)

◆本当にやりたい事を始めたら人生がワクワクに変わる◆

本日の私の気づきのおすそ分けが、
あなたのお役に立てましたら嬉しいです(*^^*)

その気づきとは、

自己否定がなかなか止められない人が、
無意識のうちに行っている思考サイクルです。

悩みを持ってしまう人は例外なく、
自己否定の思考を持っていると私は考えています。

そして、この自己否定を止めない限りは、
自分を好きになる事は出来ないですし、

自分の好奇心を肯定して
自分のやりたい事を見つける事も
出来ないと考えています。

ところが、なかなか自己否定が止められない人は、
無意識に自分を否定してしまうという思考サイクル
陥ってしまっている事が少なからずあります。

その思考サイクルによる自己否定は、

自分を好きになる上でも
幸せ感度をアップする上でも

「百害あって一利無し」

なんですよね・・・(^^;)

その百害の思考サイクルとは?

それは、

「他人と比べる」

です。

しかも、しかも自己嫌悪を不幸感を感じる人は、
自分の身近な人と比べる傾向にあるんですよね。

例えば、兄弟姉妹や友人、職場の仲間など、
自分に近い人と比べる傾向にあるのです☆

「稼ぎが弟より少ない・・・」

「姉みたいに綺麗じゃない・・・」

「友人は結婚したのに・・・」

「職場の同期は出世した・・・」

「旦那は好きな趣味を楽しんでいる・・・」

などなど、自分のすぐそばの人と自分を比べて、
自分を否定してしまっているのです。

良く考えてみたら、当たり前なのですが、
自分と遠い人と比べている人に
自己否定感を感じている人は少ないと思います。

例えば、

「ソフトバンクの孫さんより稼ぎが少ない・・・」

「女優の綾瀬はるかみたいに綺麗じゃない・・・」

「SPEEDの上原多香子は結婚したのに・・・」

「フェイスブックのマーク・ザッカーバーグはあんなに成功しているのに・・・」

「ダルビッシュはあんなに野球を楽しんでいるのに・・・」

と考えながら、自己否定をしてしまう人は、
多分いないと思います。

身近な人と自分と比べる事によって自己否定し、
比べる基準も他人が決めた基準で比べて、
自分の存在価値が信じられなくなっているだけなのです。

このような自分を他人と比べて、
自己否定する事には全く意味がないと思います。

何故なら、自分と言う存在は自分しかいないからです。

つまり、自分は自分だからこそ素晴らしいのですから、
自分は誰とも比べて自己否定する必要など無いのです。

もし、比べるとしても、自分の基準を使って、
過去の自分と比べれば良いだけなのです。

しかし、「他人と比べる」だけとってみれば、
必ずしも全て悪いわけではないと私は感じています。

何故なら、比べるという思考の動機には、

「自分はもっと良くなりたい!!」

という意欲があるからです☆

ですから、

他人と比べて自己否定してしまっている自分に気付いたのなら、

「私はもっと良くなりたいという意欲があるんだなぁ~♪」

と自分を優しく褒めてあげて頂きたいと思います(*^^*)

自分を好きになって、
幸せ感度をアップさせていく為にも

自分の本当のやりたい事を見つけて
心豊かに生きていく為にも、

他人と比べて自己否定するのではなく、
ドンドン自分の意欲を褒めてあげてくださいね!!

本日の私の気づきのおすそ分けが、
あなたのお役に立ちましたら幸いです(^^)/

Pocket

お問合せはこちら
メンタルコーチングお申し込みにあたって
  • Blog
  • Twitter
  • Facebook
公式メールマガジン