ペット

心を遊ばせれば、人生はうまくいく

最近のブログ記事では、あまりお話する事は少なく
なってしまいましたが、

実は私は「古民家カフェ」が好きなんですよね~♪

というより、「古民家を作った職人さん達の仕事の
名残を感じるのが好き」と言った方が正しいかも
しれません(^-^)♪

ですから、天井の大きな梁などに残っている
手斧(ちょうな)の跡を見ると、

「良いな~♪」

って感じです(笑)

こんな跡です。

◆本当にやりたい事を始めたら人生がワクワクに変わる◆

どこかで見覚えはありませんか?

私がこの様な職人さんの凄さを感じたのは、
子供の頃だったかと思います。

正確には覚えていませんが、小学校の修学旅行で
奈良の法隆寺を見に行った頃かもしれません。

世界最古の木造建築が日本にある事に感動した事を
覚えています♪

しかも、大地震にも耐えて残っているのですから、
ただ驚くばかりです!!!

そして、何故大地震にも耐える事ができたのか??

その理由をあなたはご存知ですか??

その理由をガイドさんか誰かが話してくれた事を
何故だか分らないのですが、不思議と良く覚えて
いたのです。

子供の頃は、その職人さんの技術を「木造建築のコツ」
ぐらいにしか考えられなかったのですが、

今では「人生の大切な教え」であると、
私は感じています。

奈良の法隆寺が、過去の様々な大地震にも耐えて、
これまで残って生きた職人さんの技術とは??

それは「遊び」です。

それはどの様な事かと言うと、

木材と木材との繋ぎを隙間無くキッチリ組む事無く、
ある程度隙間を持たせて、

つまり「遊び」を持たせて、余裕を持って組むという
事です。

そうすると、大地震で大きな揺れがあったとしても、
その隙間が緩衝の役目をして、建物が地震の揺れに
耐えられるという事なのです。

この「遊び」の考え方は、現在のハイテク機器にも
応用されています。

例えば、携帯電話

携帯電話もパーツ同士をキッチリ隙間無く組み立てて
いるのではなく、「遊び」を持たせて組んである
そうです。

ですから、ついうっかり床に落としたとしても、
その「遊び」が緩衝の役目をして、故障から守って
いるんだそうです。

では何故、私がこの「遊び」という考え方が、
「人生の大切な教え」であると感じているのか?

この事をお話させて頂きますね!!

昨日のブログ記事でもお話しました通り、

過去の私は、自分を厳しくする考え方を持っていて、
自分を厳格にコントロールしなければならないという
考え方を持っていました。

つまり、自分の心に「遊び」が無かったんですね(^^;)

ですから、いつも自分の心がイライラしていて、
人間関係もギスギスしていました。

自分に厳しかったので、
自分が勝手に決めたルールなのですが、

そのルールが守れていないと、

「なんて自分はダメな人間なんだ・・・」

と自分を責めて、自分を落ち込ませて、
自分で自分にストレスを与えていました。

それによって溜まったストレスが原因で、
他人を攻撃するようになってしまいました。

つまり、自分は自分に厳しくしてルールを守っているのに、
自分に厳しくしていない他人がルールにいい加減なところ
を見ると、

「自分はこんなにストレスに耐えて頑張っているのに、
なんで他のやつらはいい加減なんだ!!」

という、更なるストレスで、他人を攻撃していたのです★

それにも関わらず、他人には良い人に見られたいと思って
いたので、自分のストレスを抑圧してしまい、

更に、自分で自分にストレスを与えていたのです(苦笑)

あぁ・・・なんともストレス大量生産のサイクルを作って
いたことか・・・(^^;)

そんな過度のストレスを抱えていたので、
いつも心がイライラしていて当たり前だったんですよね。

そんな状態の心は、致命的な特徴がありました。

それは、「ショックに弱い」という事です。

つまり、ちょっとしたショックにも耐えられない
という事なんです。

ちょっと自分にとって望ましくない事があったり、
他人から傷つく事を言われたりすると、

めちゃくちゃショックを感じてしまっていたんです(>_<)

他の人から見たら、

「なんでそんな事でショックを受けるの??」

と思える様な事でも、めちゃくちゃショックに感じて
しまっていたんです★

その過度に感じてしまうショックによって、

何をするにしても

どこへ行くにしても

誰と付き合うにしても

どの様な選択をするにしても

過度に怯えるようになってしまうんですよね・・・(>_<)

そうすると、さらに自分が決めたルールが守れなくなる
ので、更に、

「自分は何てダメな人間なんだ・・・」

と自分で自分を責めて、自分で自分にストレスを与えて
しまうんですよね。。

こんなストレスを大量生産するサイクルを止める方法は、

実は、法隆寺を作った職人さんが教えてくれていました。

そうです!!「遊び」です!!

心を遊ばせれば良かったんですよね~♪

実は正直にお話しますと、
最初は自分の心を遊ばせる事に抵抗を感じていました(苦笑)

何故なら、「遊び」を取り入れると、自分がもっとダメに
なってしまうように感じていたからです。

しかし、自分の心を遊ばせる事の大切さを感じてくると、
心を遊ばせない方が自分がダメになってしまうと思える
ようになってきました。

むしろ、

「心を遊ばせれば遊ばせるほど、人生はうまくいく」

とさえ思えるようになってきました。

それはどの様な事かというのは、様々なケースがあるのですが、
私なりの表現でシンプルにお伝えさせて頂きますと、

「自分の人生を味わうパフォーマンスが上がった」

という感じでしょうか??

多分、数日後には表現の仕方が変わっているかも知れませんが、
本日、思いつく表現方法はこんな感じです(笑)

「自分の心を遊ばせれば、人生はうまくいく」

もっと、心を遊ばせてみませんか?

Pocket

お問合せはこちら
メンタルコーチングお申し込みにあたって
  • Blog
  • Twitter
  • Facebook
公式メールマガジン