ペット

短所と思っていても、それは長所なんですよ☆

昨日のブログ記事の冒頭で、首を痛めてしまった話をしました(>_<)

そして、今日はちょうど東京に来ているので、
友人のカイロプラクターのところに行ってきました☆

彼の施術を受けることで、かな~り楽になりました(^-^)♪

一体、痛みの原因は何だったのか??

カイロプラクターの彼曰く、

「頑張って考えすぎ」

だそうです(^^;)

つまり、頑張って考えすぎる為にこめかみから後頭部にかけて、
極度の緊張状態になって痛みを発生させていたみたいなんです。

首筋の痛みを発生させる事で私の身体が訴えていたメッセージは、

「たまにはリラックスしろ」

って事だったみたいです。。

まあ、痛みを発生させる原因の心当たりは、
ありすぎるほどありますけどね~(爆)

しかし、これは私の短所でもあり、弱みでもあるのですが、
長所でもあり、強みでもあるのです。

それはどの様な事かと申しますと、

私の長所でもあり、強みでもあるというのは、
誰よりも深いレベルで集中して考える事が出来る事なのですが、
それは諸刃の剣で、頭を極度に緊張させて、今回のような痛みを
発生させてしまう短所でもあり、弱みでもあります。

つまり、

長所と短所は表裏一体

強みと弱みは表裏一体

表と裏は一体であることは、この世の真理であり、
これはどのケースでも当てはまる事だと思います。

私が関わらせて頂くクライアントさんから

「よく考えてみても、私には短所しか思い当たりません」

「自分の弱みを人に自己開示する事が恐いです」

ということを良く聞くのですが、

短所を短所としてだけ、弱みを弱みとしてだけでしか
考えられないのは、実は思い込みなんですよね。

そして、そう思い込ませているのは、自分の「観念」なんです。

ですから、思い込みから解放されるためには、

「何故、そう思い込んでしまっているのか?」

という事を考えて、

自分の中にある観念に気づき、

何故、そんな観念を持っているのかを探り、

その観念との付き合い方を考える事が大切なんです。

そして、その様な思い込みが発生しやすいケースは、
他人と比べて、本来の自分ではない自分になろうとしている時に
多いと、私は思います。

例えば、背が低い人が長身モデルさんになろうとしている時に、

「自分の背が低いのは短所だ・・・」

と思い込んでしまいますし、背が高い人がミニサイズモデルに
なろうとしている時に、

「自分の背が高いのは短所だ・・・」

と思い込んでしまうかと思います。

背が低い人は低い人なりにミニサイズモデルになれば、
背が低い事が長所になりますし、

背が高い人が高い人なりに長身モデルになれば、
背が高い事が長所になるんですよね♪

自分のあるがままをあるがままに認めて受け容れて
本来の自分のありのままである事を許して、
本来の自分を自由に表現することが出来たら、

長所や短所、強みや弱み、プラスやマイナスなど
二極の視点で考える事が一切意味が無い事だと言う事に
気づいて頂けるかと思います。

そして、自分の短所や弱みを受けれる事は、
本当の自分を知るということでもあり、

自分の長所や強みを知る大きなチャンスだとも
いえるかと思います。

そして、この世のあらゆるものは表裏一体という考え方は、
何よりも幸せに生きるために、と~っても大切な思考法だと
私は思います!!!

今週末に東京で開催させて頂くセミナーでは、
この思考法についてたっぷりお話させて頂きますね(^O^)/

■伊藤元二 東京特別セミナー
~人生を幸せに生きる“秘訣”~

お申し込みは本日までですので、
お早めにお申し込みくださいね~♪

どうぞ宜しくお願い致します☆

Pocket

お問合せはこちら
メンタルコーチングお申し込みにあたって
  • Blog
  • Twitter
  • Facebook
公式メールマガジン