ペット

自分の心は何を感じたがっているのか?

最近、クライアントさんのセッションをしていて、
ふと感じた事がありましたので、ちょっと書いてみたいと思います。

私がクライアントさんに対して、

「それをした時にどの様に感じましたか?」

「それを言われた時にどの様に感じましたか?」

「それを答えられて何を感じていますか?」

と感じた事、もしくは感じている事をお尋ねしても、
感じている事が分らない方が多いように感じています(^^;)

私のこれまでの経験から思うことは、そもそも、
自分がどの様な感情を感じたがっているのかを明確にして
いないと、人生はなかなか上手くいかないという事です。

何故なら、自分の人生についてどう思うかは、
自分が感じている感情次第だからです☆

例えば、恋人同士で映画を見に行くデートをした場合に、

彼氏がネットでチケット予約をしていなかった為に、
映画館のチケット売り場の行列に並ぶ事になってしまった・・・

彼女は行列に並んで待つ事が苦手・・・

彼女がイライラして彼氏に一言

「なんでちゃんとネットでチケット予約してなかったのよぉ?」

それに対して彼氏が、

「うっかり忘れちゃったんだよぁ」

それに対して彼女が、

「なんで忘れるのよ!!私とのデートを何だと思ってるの?」

みたいな事を言ってしまったら、この後はバトルになってしまう
可能性が大であると想像して頂けるかと思います。

バトルになってしまったら・・・

どんな感情を感じると思いますか?

多分、嫌な感情を感じてしまうかと思います・・・(汗)

しかし、この恋人同士は、嫌な感情を感じたくてデートを
しているわけではないですよね??

二人で一緒に映画を見る事で、もっと言うなら二人で同じ時間を
過ごす事で、楽しい感情を感じたくてデートをしているのだと
思います。

もしも自分が感じたい感情が明確になっていたら、
この様なバトルは起きなかったかもしれません。

「そんな事を明確にするなんて難しいよ~」

という声が聞こえてきそうですが(笑)
その様に思われるお気持ちはとても良く分ります!!

何故なら、過去の私も、いや現在の私も、
つい明確にするのを忘れてしまう事があるからです(^^;)

しかし、自分が感じたい感情が明確になっていないと、
人生がなかなか上手くいかないという事が多くなりますし、

「自分はどうしたいのか?」

という深いレベルでの問題で、いちいち悩むことが増えてしまう
可能性があります。

例えば、

「自分の心はどうしたいと感じていますか?」

という質問をさせて頂くと、

「人に喜んでもらえる事をしたい」

と答えられる方が多くいらっしゃいます。

この様に思われる事は良く分るのですが、
実は、これによって自分が感じたい感情が、より不明確になって
しまう可能性があります。

何故なら、この様に他人に喜んでもらえる事が自分の喜びにして
しまいますと、自分の感情の決定権を他人に明け渡してしまって
いると言えなくも無いからです。

つまり、他人が喜ぶかどうかは他人の感情次第なので、
同時に自分が喜ぶかどうかは、他人の感情に振り回されてしまう
という事が大いにあるからです。

それをちょっと極端な表現をさせて頂きますと、

自分が喜ぶために、他人が喜ぶように他人をコントロールしたく
なってしまう可能性があるという事なんです☆

そうなってしまいますと、他人の感情が気になってしまう、
他人の顔色が気になってしまう、他人の機嫌が気になってしまう、

つまりは、他人に依存してしまう事にもなりかねないという
事なんです☆

もちろん、他人に喜んでもらう事をする事は、
素晴らしい事だと思います。

しかし、依存心を動機にして相手に喜んでもらおうと
行動すればするほど、自分の依存心を強化して、
その依存心に苦しむ事になりかねないんです。

何故なら、

行動はその動機の背後にある心理を強化してしまうからです!!

ここで話を戻しますと、

自分の人生をどの様に生きたいのか?

自分の人生で何を表現したいのか?

という質問を考える時に大切な事は、

「自分の人生でどの様な感情を感じたいのか?」

という事なんですよね♪

そして、その感情がそもそもの動機になってくるんです☆

それが例え恋人とのデートにおいても同じです(笑)

では最後に、改めて質問させて頂きますね!!

『あなたが感じたい感情は何ですか?』

Pocket

お問合せはこちら
メンタルコーチングお申し込みにあたって
  • Blog
  • Twitter
  • Facebook
公式メールマガジン